kamousa.com Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS モネの庭を夢見て

<<   作成日時 : 2010/09/11 08:20   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

すっかり涼しくなって、夢のよう!
「ああ、秋はスバラシイ、ああスバラシイ!」
朝から連呼しています。

これほど秋を有り難いと感じたのは初めて。
一日も無駄にしたくない気持ちです。
やりたいことが、たくさん。
冬眠前のクマのごとく、満腹にならなくては。


まずは、読書の秋。娘と図書館へ。

娘は、“おさるのジョージ”を1冊抱えて。
私は、目に付いた本をどんどん選んで、
「ママ、借り過ぎ!」と館内で叫ばれ、赤面です。

一番よかったのが、
ジヴェルニーのモネの庭を紹介した大型本。

画像



本から話はそれますが、
6月だったか、NHKで放送されていた、
モネの庭のドキュメント番組が私は大好きで、
録画したものを、セリフも全部覚えるほど、繰り返し見ています。

5月に、浜松の『モネの庭』を見たこともあって、
本場フランスの庭に、
俄然興味が湧いていましたから。

華道家、假屋崎省吾さんが、
5日間の庭師修行を経て、
モネの『美への執念』を体感するという内容です。

あのカーリーさんが、金髪をくくって必死で働きます。

画像


庭や花の紹介だけではなく、
裏方の仕事が見てとれるし、
美術に詳しくなくても、モネの庭への想いが
彼の画風を通して理解できるのです。


それで、この本と照らし合わせると、
テレビの内容がより生きてきます。
全体の図面や、庭の歴史、使われている植物リスト…。
庭師長も同じ人でした!


仰天したのが、
後半に載っていた「ジヴェルニーの庭を自分の庭に」。
壮大なスケールのモネの庭を、
ギュッと縮めた図面がいくつも提案されています。

薄いトレペ紙を重ねると、植物名が記載されていて、
型紙のように使えば、オリジナルの植栽でもOKというわけ。

画像


モネの庭を自分の庭に造ろう、という提案もすごいけど、
こういう本の作りも斬新。
とても便利だし、勉強になる。


早速、ネットで安価な中古本を見つけ(もう絶版?)
いそいで注文しました。

私は更に更にギュギュギュ〜!と縮めて、
モネの庭的、「チューリップコンテナ」
この秋は、作りたい!
心に決めました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
モネの庭を夢見て kamousa.com Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる